院長・所長の紹介

  ベイサイドさちクリニック院長

小野繁 (おのしげる)

東京医科歯科大学歯学部付属病院 頭頸部心療科  エス・アイ・ティーラボラトリー代表取締役

1941年横浜市生まれ。67年、東京医科歯科大学歯学部卒。71年 札幌医科大学医学部卒。東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科教授(心身医学)、同歯学部附属病院客員臨床教授などを歴任。
主な一般著書は、『人の体はどこまで再生できるか』(講談社)、『キズをきれいに治す』(講談社)『「病院の検査がわかる本』(学研)、『ドクターショッピング―なぜ次々と医者をかえるのか』(新潮新書)。学術書は、現代外科手術学体系「顔の手術」、新小児医学体系「小児形成外科学」共同執筆など。心療内科学会常任理事、森田療法学会理事、女性のための抗加齢学理事、心身医学会評議員、交流分析学会評議員など学会には多数入会参加し活動しています。趣味は、サイクリング、パラグライダー、山登り、旅行などアウトドア全般。他、世界の救急車のミニカー収集。

免許・学位:
歯科医師免許、医師免許証、日本形成外科学会形成外科専門医、医学博士号(北里大学)、日本外科学会認定医、日本心身医学会認定医

学会関連:
日本外科学会認定医および教育研修委員、日本形成外科学会専門医、日本心身医学会認定医および評議員、日本心療内科学会常任理事、日本交流分析学会評議員、日本森田療法学会理事、女性のための抗加齢医学研究会理事、口腔心身医療懇話会代表世話人、日本補完代替医療学会編集委員、口腔病学会評議員、第16回顎顔面補綴学会総会長、第89回日本心身医学会関東地方会大会長(平成12年9月)

所属学会:
日本外科学会、日本形成外科学会、日本美容外科学会、日本頭頸部腫瘍学会、日本口腔外科学会、日本慢性疼痛学会、日本口腔外科学会、日本顎関節学会、日本顎顔面外傷学会、日本心身医学会、日本心療内科学会、日本自律訓練学会、日本森田療法学会。


  さち臨床心理研究所所長

小野幸子 (おのさちこ)

1993年(平成4年)にさち臨床心理研究所を開設。 第一荻窪大森クリニック・LCCストレス医学研究所で医療心理士として18年間務め、またパブリックヘルスセンターでカウンセラーを兼任し、現在も、東京医科歯科大学医歯学総合研究科の非常勤講師をしております。そして、日本心身医学会代議員、日本心療内科学会評議員、日本交流分析学会評議員、日本心理臨床学界、日本カウンセリング学会、日本家族カウンセリング協会、日本自律訓練学会などの学会に所属し、学会発表や論文投稿などの活動を行っております。


小野繁 院長の著書紹介

人の体はどこまで再生できるか

「人の体はどこまで再生できるか―失った肉体をとりもどす医療」小野繁 (講談社)

失った指はとりもどせるか?
人間の指は、トカゲのしっぽのように再生できるだろうか?QOL(生活の質)の向上を目指して、最新の外科医療は自分自身の組織を使って、指から性器まで人体のあらゆる部分の再生にチャレンジする。他人の臓器をもらうことなしに、失った体がどこまで再生できるか、それはどのように行うかを解説する。


キズをきれいに治す―ケガとキズの基礎知識

「キズをきれいに治す―ケガとキズの基礎知識」小野繁 (講談社)

ケガをしたとき、キズが残らない応急治療……気になるキズ跡をどう消すか。
大きくてもきれいに治るキズ、小さいのに大きな跡が残るキズ。ケガをしたとき、キズが残らないような応急処置のしかた。できたばかりのキズと、時間のたったキズは治療法がちがいます。炎症が慢性化してしまうと、キズの治りが悪いことがあります。キズを診察する医者の「科」によって、キズ跡の残り方はちがいます。


ドクターショッピング

「ドクター・ショッピング―なぜ次々と医者を変えるのか」小野繁 (新潮社)

内容(「BOOK」データベースより)
「頭が重い」「胃が痛む」「激しい動悸がする」など、はっきりした身体症状があるのに、病院で診察を受けると、検査の結果は「異常なし」。そんなはずはない、と患者は、別の医師、別の病院へと足を向ける。幾つもの診療科や病院を次々と渡り歩く行為、ドクター・ショッピングの始まりである。医療の高度化、細分化がもたらしたこの悪循環を断ち切るのは心身医学的医療、全人的医療をおいて他にはない、と本書は力説する。


病院の検査が分かる本

「病院の検査が分かる本―気になる症状からどういう検査を受けるか?」小野繁 (学研)

内容(「BOOK」データベースより)
病院の検査を、症状別に解説。症状ごとに予測される検査を、チャート式に見やすく展開。インフォームド・コンセントに対応した病院の検査の知識を得る本。